Skip to Content

複数当事者が新製品の商品化にあたり費用,役割を分担した場合に,当該製品は,上記当事者間では,不正競争防止法2条1項3号所定の「他人の商品」には,相互に該当しないと認められた事例