Skip to Content

職務発明の相当な対価が604億円超であるとされた事例