Skip to Content

有効成分を純度で規定した精製医薬組成物の発明の特許が、無効にされるべきとして差止請求が認められなかった事例(高純度アカルボース事件)