Skip to Content

実用新案権の侵害を理由とする損害賠償ないし不当利得返還請求の訴えが,一部請求の名のもとにいたずらに同一訴訟を蒸し返すものであり,訴権の濫用にあたるとして,訴えを却下した東京地裁判