Skip to Content

商標権侵害差止請求事件において,当該商標の登録手続き中に原告が行った主張と矛盾する主張をすることが,信義則に反し許されないとした東京地裁判決