Skip to Content

商標権の更新登録の手続補正書に対する不受理処分が,取消訴訟により取り消された後,特許庁がその更新登録の審決を6年以上放置したことが,違法で国家賠償の対象とされるとした大阪地裁判決