中小企業への手数料減免・助成金について

★研究開発型中小企業や、資力に乏しい個人・法人の特許出願の場合、
・審査請求印紙代が免除または半額軽減となる場合があります。
・また、特許料の1~3年分が免除または3年間猶予となる場合があります。

★中小企業や個人の特許出願の場合、
・早期審査により短い期間で査定を受けることができる場合があります。
・この手続の手数料は弊所では無料といたします。
・また、事情によっては出願手数料を割引いたします。


 ※申請手続も致します。詳しくは、お問い合わせください。

★様々な自治体が23年度助成金制度を発表しています。
※申請手続も致します。詳しくは、お問い合わせください。 

◯東京都    
  外国特許出願費用助成事業

助成限度額300万円 外国特許出願手数料等 平成23年5月9日〜5月20日

  外国意匠・商標出願費用助成事業 助成限度額30万円 外国意匠・商標出願手数料等 随時募集
  外国侵害調査費用助成事業 助成限度額200万円 侵害調査費用等 随時募集 
  特許調査費用助成事業 助成限度額100万円 調査委託費用 随時募集
◯台東区    
  新製品・新技術開発支援事業 助成限度額 200万円 特許出願等 平成23年5月27日(金曜日)まで
  知的所有権取得支援事業 助成限度額 10万円 特許出願等 通年募集

★中小企業や個人の特許出願の場合、無料で先行技術調査を受けることができます。
※申請手続も致します。詳しくは、お問い合わせください。

★中小企業や個人の特許出願の場合、審査請求料の納付繰延制度が利用できます。