Skip to Content

10月 2009

特許の早期審査

特許の早期審査
 
通常、特許の審査には数年かかりますが、一定の要件を満たす場合は、
早期審査を請求することにより、3~6カ月程度で査定をもらうことができます。
特に、個人、中小企業の場合には、早期審査が有利です。
従業員数300人以下の製造業は中小企業に入ります。
弊所では、個人、中小企業の早期審査手続を無料で行っています。
以下に、早期審査が可能な要件を抜粋します。
詳しくはお問い合わせください。
 
1.早期審査の申請が可能な出願
以下の(1)から(3)の要件を備えた特許出願(*1)は、早期審査の申請を行うことが
できます。
(1)出願審査の請求がなされていること。
審査請求手続と、早期審査申請の手続は同時でも構いません。
(2)以下のいずれか1つの条件を満たしていること。
①中小企業、個人、大学、公的研究機関等の出願
その発明の出願人の全部又は一部が、中小企業(*2)又は個人、大学・短期大学(*3)、

商標の早期審査

商標登録出願は通常、査定までに半年から1年半ほどかかりますが、
「早期審査に関する事情説明書」を提出することで、認定を受ければ、
2カ月ほどで査定を受けることができます。